キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
落としたい相手でメイクを変える

知って得する!メイク初心者がメイクで化ける方法

「女の子は、メイクで化ける」

私はそう信じて生きています。メイクをせずに外出をするなんて、服を着ずに外出するようなもの。

こんな風に思っている私も、数年前まではメイク初心者どころか唇が乾燥したらリップクリームを塗る程度の地味な学生でした。

たとえメイクや服装が地味でも似合っていれば良いですが、私はただ野暮ったいだけの女。女としてのヒエラルキーの最下層にいる気がして、自信も持てない自分が大嫌いでした。

そんな私が、自分に自信を持てるようになったのはメイクのおかげです。初心者ゆえに試行錯誤して、何とか化けられるようになった私のメイク方法をここに書き残したいと思います。

(参考までに、私の顔は奥二重で鼻が低く、目と眉の間も広いタイプです。)





成長の軌跡!メイク初心者がメイクで化けるまで

メイクの仕方もろくにわからない初心者の時に

palled

何もわからない初心者の私は、とりあえずデパートの化粧品売り場に行ってメイクをしてもらいました。確かに雰囲気は変わったのですが、芸能人のように目鼻立ちがパッチリするメイクではありませんでした。

そこで初心者ならではの「何を買えばいいのかわからない」という壁にさっそくブチ当たりましたが、その時は下地・パウダーファンデーション・ブラウン系のアイシャドウ・チーク・濃いめピンクのリップ・を購入しました。

ただ、私の経験上、これだけでは化けることはできません。ファッション誌を買い、YouTubeのメイク動画を見て、何とか理想の顔を作れないかと毎日研究していました。

自分の顔のコンプレックスを知る

miller

そこで気付いたのが、まず「自分の顔のどこをどうしたいか」を考えること。何も知らない初心者ですから、そこを知っておかないと先には進めません。

私は「鼻を高くしたい、目を二重にしたい、目を大きく見せたい、目と眉の幅を狭くして彫の深い顔にしたい、クマを消したい」でした。

初心者にしてはハードルが高かったかもしれませんが、理想は高い方がきっとやる気は出ると思います。

これらを実現させるために買ったものが、ノーズシャドウ・ハイライト・アイプチ・アイテープ・コンシーラー・上下つけまつげ・カラコン・アイライン・アイブロウです。

日焼け止め→下地→リキッドファンデーション→パウダーファンデーションのベースメイクを済ませたあとのメイクがこちらになります。

1.鼻を高く見せるために

nose

鼻筋にコンシーラーとハイライトを入れ、側面にノーズシャドウで影を入れる。これだけでだいぶ印象が変わります。

軟骨である鼻は変形しやすいと聞いたので、毎日鼻をつまんだりマッサージをしたりもしました。

初心者の頃はとにかく色んな情報を試してみることも大切じゃないかと思います。

2.目を二重にするために

face make

私は重めの奥二重で、ただアイプチやアイテープをするだけではすぐに元に戻ってしまうタイプでした。そこで、先にアイテープで二重を作ってから、さらにアイプチで二重を強化します。

これで滅多なことでは取れませんが、普段からまぶたのマッサージ(まぶたの肉を外に流すようにする)を毎日継続して行っています。

また、まぶたを動かすことで脂肪を消すことができるのではないかと考え、きっちり目を見開いたりまばたきを強くする運動もしています。

初心者の頃よりは二重をつけやすくなったので、ちょっとずつ効果が表れているのではないかと感じています。





3.目を大きく見せるために

big eye

必須アイテムは上下つけまつげとアイライン、そして何よりカラコンです。初心者時代はカラコンは入れていなかったのですが、目を盛った時に自前の瞳ではちぐはぐな感じになるので、今ではカラコンは外せません。

今どき上下のつけまつげをする人はあまりいないかもしれませんが、私はナチュラルなものを両方に使っています。アイラインは粘膜を埋めるように、そしてケバくならないように極力細めに描きます。

初心者にありがちですが(私はそうでした)、アイラインが太すぎて目の周りが真っ黒にならないように気をつけます。

アイラインが太くてガッツリ黒く囲むメイクは、ロックやパンク、ゴシック系のファッションにはピッタリだと思うので、その場合はぜひ囲んでください。

黒目の上を少し太くして、目のはしを少し跳ね上げるようにし、目と鼻の間(蒙古襞があるところ)にもチョンと塗ると目が大きく見えます。

4.目と眉の幅を狭くして彫の深い顔にするために

smoke

メイク初心者以前、私は眉毛すら整えたことがありませんでした。元々眉毛はあまり濃い方ではなく、形もあまり良くありません。

そこで、まず「どんな眉にしたいか」を考えます。モデルさんを参考にするも良し、芸能人を参考にするも良しです。

どんな形にしたいかが決まったら、さっそく理想の形に剃ります。この時、眉毛を抜くと眉山が崩れると聞いたことがあるので、剃るだけにします。初心者時代は思いっきり抜いていましたが…。

剃る時に眉の上を剃るようにして、あとから眉を描くときに眉の下部分につけたすようにすると、眉と目の間が狭く見えるようになります。

最初は思ったようにできませんが、アイブロウパウダーとペンシルを駆使して練習していけばそのうち慣れます。

5.クマを消したい

kuma

目の下のクマが目立つと、一気に老けて見えますし疲れているようにも見えてしまいます。女の子は笑顔と明るさが武器なのに(勝手にそう思っているだけですが)、それでは意味がありません。

そこで、コンシーラーの出番です。自分の肌より少し明るめのコンシーラー(鼻筋に塗ったものは地肌と同じくらいのもの)を目の下に塗ってぼかします。

これだけでも充分ですが、ブラウン系のアイシャドウにくっついているベージュのアイシャドウを細めに重ねると涙袋もできてクマも余計に目立たなくなるので一石二鳥です。

私は涙袋を作るためのペンシルを使っていますが、アイシャドウで代用しても問題はないと思います。

さらにその下にブラウン系の少し濃いアイシャドウをものすごく細く引いて影をつけることで、涙袋がより強調されて目がより大きく見えます。

普段から、一日が終わったらホットタオルで目を覆い血行を良くするようにすると、疲れも取れてクマを少しでも目立たなくできるはずです。

メイク初心者だからと悲観する必要はありません!

長々と書きましたが、これが私の「メイク初心者が化けるようになるまでの方法」です。

文字にすると相当ケバいように思いますが、ケバくしすぎるとモテないので(笑)、実際は割とナチュラルに仕上げるようにしています。

私は元の素材が良くないので、自信を持てるようにするにはメイクをがんばるしかありませんでした。

あまり変わったことは書けませんでしたが、この記事を読んで、一人でも多くの女の子がメイクで自分に自信を持てるようになってくれたら嬉しいです。

メイクは女の子の最大の味方です。かわいがってもらえる女の子になれるように、お互い自分磨きをがんばりましょう!

〈あなたにオススメの関連記事〉
→ NAVERまとめに学ぶ!人気メイク記事まとめ15選
→ 【メイクのコツ】うまくメイクができません(泣)上手になるコツはありますか?
→ 一重が二重に変わったwついでに人生も変わったwwオススメ!