キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
落としたい相手でメイクを変える

美人に見えるメイクをするために大切な11のポイント

女性なら誰しも美人に見られたいものですよね?

ですが、自分でメイクをしても中々上手く出来なかったりします。

そこで今回の記事ではあなたがもっと美人に見えるメイク術をご紹介します。

どうせなら美人に見られたほうが人生はお得です!

この機会に美人に見えるメイクを学んでしまいましょう。





美人に見えるメイクはスキンケアが重要

hakui
美人に見える方は肌が綺麗な印象がありませんか?

どうしてもメイクというとアイメイクに注力しがちですが、実は一番大切なのはスキンケアです。

スキンケアでメイクの印象が変わる

スキンケアで肌の調子を整えてからベースメイクをするだけでも印象が大分変わります。

例えばスキンケアで最も多くの方が使っているものといえば化粧水ですが、正しくつけられていますか?

多くの人はコットンを使って塗っていたり、手で馴染ませるという方が多いと思います。

ですが、ただ肌になじませるだけでは意味がありません。

化粧水をたっぷり浸透させる方法

それは表面に化粧水を塗っているだけのようなもので、中まで浸透はしていないのです。

しっかりと肌に吸収させるには、タッピングといって軽く叩く事が重要です。

タッピングをしていて、肌がヒンヤリ冷えてきたら浸透した合図です。

そして、その後に乳液を塗りましょう。

化粧水の後は乳液を忘れずに

乳液には保湿作用があるというのは有名なお話ですが、化粧水の水分を逃さない為でもあります。

化粧水は蒸発しやすい為、化粧水で肌を整えたら早めに乳液を使いましょう。

毎日繰り返しスキンケアをするだけでも、ご自身の肌がプルプルとしてくるのが実感できると思います。

ベースメイクで美人に見せる

niki7
スキンケアが終わったらベースメイクに入ります。

ベースメイクはただ、ファンデーションを塗るだけではいけません。

クマやクスミなどカバーすべきところはしっかりとカバーをすることが大切です。

コンシーラで肌の色を整える

その為、コンシーラーなどを使って肌全体の色を整える必要があります。

暗くなっている所には明るい色を乗せ、赤みが出ている所には黄色系の色を乗せてカバーをしましょう。

カバーが出来たらファンデーションの出番ですが、ファンデーションを厚く塗るのはいけません。

何故なら時間が経つに連れて浮きやすくなってしまったり、よれてしまうからです。

また、自分の肌質に合わせて使うファンデーションを変えましょう。

肌質に合わせてファンデも変えよう

脂性肌ならば、出来るだけパウダーファンデーションを使い、リキッドファンデーションは使わない。

乾燥肌ならば、リキッドファンデーションを使うのがお勧めです。

ファンデーションによっても中の油分が違います。

その為、自分の肌にあったファンデーションを見つけることが重要です。

アイメイクは色を意識して美人度アップ

bibyou4
美人に見える為にはアイメイクの色選びも重要です。

自分のその日のファッションや顔立ちから色を考えていきます。

清楚系美人に見せたいなら白をベースにピンクや緑などの淡い色を中心に使います。

小悪魔系美人み見せたいのであれば、ゴールドをベースにブラウンやラメ系と使うと良いでしょう。





アイメイクを塗る場所に気をつけて

ここで注意をしたいのが、色の順番です。

一番上(眉毛近く)に濃い色を持ってきてしまうと腫れぼったい印象を与え、ただのメイクの濃い人にしか見えません。

その為、一番上には一番薄い色を持ってきましょう。

段々目に近づくに連れて色味が濃くなるのが美人に見えるメイクのコツです。

また、自分のファッションに合わせることで全体に統一感を出し、綺麗に見せてくれます。

美人はアイラインを気をつけること

eyemake
現在はペンシルタイプ・リキッド・ジェル等様々なアイラインがあります。

どのアイラインでも言えることですが、必ずアイシャドウと馴染ませましょう。

馴染ませないと、アイラインだけが浮いて見えてしまいます。

また、アイラインで目をぐるりと囲むような囲みメイクは、目が小さく見えてしまいます。

出来るだけアイメイクとのグラデーションを意識し、濃く引き過ぎない事が大切です。

美人メイクの仕上げにほんのりチーク

burasi
最後に取り掛かる人が多いのがチークです。

チークも入れる位置や色によって印象が変わります。

例えば強いピンクを使えば幼さが出ますし、丸く入れても幼く見えてしまいますよね。

美人に見せる為には頬骨に沿って薄めに入れるのがコツです。

また、アイメイクの色の系統に合わせた色を使う方が、統一感が出るのでより綺麗に見えます。

勿論、濃く入れるのはNGです。

あくまでほんのり染まっているというのが美人に見えるコツなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美人に見えるメイクはポイントさえ抑えられれば難しいものではありません。

慣れないうちは多少大変かもしれませんが、日々継続的にやることで簡単にコツが掴めるでしょう。

美人に見えるメイクは年齢問わず使えるメイクです。

是非一度試してみてください。

あなたにオススメの関連記事

→ 《ダイエット悩み》痩せない原因を正しく理解していますか?
→ ミュゼで脇の脱毛を考えています!効果はどんな感じですか?
→ 一重が二重に変わったwついでに人生も変わったwwオススメ!