キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
落としたい相手でメイクを変える

覚えておきたい色っぽいメイクのお作法5選!

色っぽいメイクは男女問わず思わず見とれてしまうもの。

もしそんなメイクの方法がわかったらとってもステキだと思いませんか?

どんな男性だって一目でとりこにできる色っぽいメイク術!

男性が思わず目を奪われる女性っていますよね。

一目見ただけで数秒間女性から目を離すことができなくなってしまう。。

今日は、そんな男性に好かれる、虜にしてしまうメイク術を伝授します。





色っぽさの基本は下地が大切!

niki7
カラー別色選びから塗りかたの基本まで。

まず、肌作りからです。

やはり肌のきれいな女性はそれだけでかなり魅力的と言えます。

シミやたるみがある女性は魅力的とは言えません、。

まず、大切なのが下地です。

ピンク系はほわんと柔らかい雰囲気に。

ブルーは透き通ったような白人さんのような肌に。

ホワイトは清潔感のある凛とした肌作りができます。

下地の塗りかたにもポイントがあって、まず、目の回り、鼻筋、小鼻、口角ここは必ずしっかり塗るべきポイントです。

逆に顔の外側は塗らなくてもいいぐらいです。

中心に下地で明るさをだします。

これだけで、自然なシェービング効果があり、小顔にも見えます。

ちなみに下地にパール感のあるものがおすすめです。つやがある若々しい肌作りができます。

メイクのファンデはリキッドで色っぽさを!

ファンデーションもいろいろあってパウダリーからリキッド、ジェルなどいろいろあります。

そのなかでもおすすめなのがリキッドファンデーションです。

リキッドはなによりも瑞々しさを演出してくれます。

シミもある程度は隠してくれるのでパウダリーよりもリキッドや冬はクリームタイプなのが断然おすすめです。

ちなみに上からつけるフェイスパウダーはTゾーンだけにつけるのがいいです。

瑞々しさを演出するのはパウダーの使用範囲はテカるところだけに、、。

目元はカラーレス&キラキラで色っぽく

masukara6
目元はとても大切です。

色が濃いとどうしても厚化粧のイメージがついてしまい男性は引いてしまいます。

うるうるな男性が守りたくなっちゃう目元はやっぱりカラーレスです。

色はベージュ、ピンクベージュ。

あくまで目元に少し色がつく程度でいいのです。

カラーレスにはパール感が大事

しかし、しっかりパール感のあるものを選びましょう。

パール感がないとカラーレスなので、地味な印象になってしまいます。

目の下にはもっとパール感の強いシャドーを線を引くように塗ってもいいかんじです。

うるうるした瞳を一気に演出できちゃいます。





色っぽいメイクの命は目の下ギリギリチークで湯上がり顔

palled
この男性をとりこにしちゃうメイクで一番大切なのが実はチークなんです。

チークってアイシャドーに比べて脇役のように感じますが、ここでは一番重要ポイントになってきます。

まず、チークは練りチークを用意します。

色は真っ赤がいいです。

火照り感を演出して男性を虜に

えっ?!こんな色顔につけるの??って思うぐらいの原色のような赤がいいんです。

普通はチークというと笑ったときにほほが一番高くなる場所にいれますが、男性をとりこにしちゃうメイクは目の真下からスタートするんです。

練りチークを指にとったら目の下ギリギリにトンとつけて、ほかの指で横長に広げます。

頬骨から鼻まで横にのばすんです。

そうすると、今までお風呂に入っていたようなぽーっとしたかんじの火照ったような頬になるんです。

これは本当にかわいいです。

こんな顔で見つめられたら男性はイチコロです。

酔ったような雰囲気にもなるのでちょっと色っぽいかんじになるのがこのチークの入れ方の特徴なんです。

練りチークなので、内側からじんわりとでたかんじになり、チークをつけている感じに見えないんです。

真っ赤なのも血色のイメージです。

赤でも薄く塗るとすごく自然に見えて本当におすすめです。

ティントグロスの自然な色っぽさが◎

face make
最後はリップです。

リップはティント系のグロスがおすすめです。

ティントタイプは唇を染めるような感じにして発色します。

透明なのに塗ると唇の温度で色がつくなんていうグロスもあります。

なので、とっても自然なんです。

薔薇色のような唇があたかも自分の元々の唇の色のような演出をしてくれちゃいます。

ティント系のリップは落ちづらい

しかもティント系のリップはちょっとのお食事では落ちません。

大好きな人と食事をしても綺麗でかわいい唇のままなんです。

これって本当にありがたいですよね。

うるうる、つやつやでかわいい色の唇でも食事をしたら乾いて色のくすんだ唇の印象になってしまうなんてもったいない!

男性は結構チェックしているものです。

まとめ

肌はつや感のある瑞々しさを大切にすること。

アイシャドーは色は押さえてラメなどで強調。

チークは目元ギリギリに真っ赤な色でせめて、唇はティント系唇でいつまでもかわいい色に…。

男性をとりこにしちゃうこと間違いなしですよ!

あなたにオススメの関連記事

→ 《ダイエット悩み》痩せない原因を正しく理解していますか?
→ ミュゼで脇の脱毛を考えています!効果はどんな感じですか?
→ 一重が二重に変わったwついでに人生も変わったwwオススメ!