キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
落としたい相手でメイクを変える

一重の女性だからこそ似合う!お勧めメイク術6選

一重瞼はどうしてもメイクが決まらない。

二重瞼の人のメイクがいつも羨ましい。

コンプレックスを抱える一重の女性は多いですよね。

一重でも思いっきりメイクを楽しむために、今回は一重だからこそ似合うメイクのポイントをお教えします。





①アイカラーはベーシックカラーを選んで

アイシャドウのカラーはベーシックにブラウンやゴールドがお勧めです。

例えば一重の人がピンク系やブルー系を使うと腫れぼったく見えてしまいがち。

本来二重のラインの奥に隠れるはずの皮膚も、一重だと全てぽってりと露出してしまうのです。

そんな時は肌馴染みの良いアイカラーを使ってみて。落ち着いた優しい印象の目元になります。

他の色も楽しみたいという人は、同じピンク系やブルー系でもボルドーやネイビー等、深みのある色をチョイスしてみるといいかも。

でも一重はアイホールの面積が広いので、全体に濃い色を塗らないように注意して。

②絞め色がポイント

アイシャドウの一番のポイントは「締め色」です。

腫れぼったくなりがちな目元を差し色として引き締めてくれる役割があります。

アイカラーを選ぶときは濃い絞め色を合わせてみて。

あるとないとではメイクの仕上がりが全く違います。

目じりだけでもOK。少し入れるだけでも目の輪郭がはっきりとして目力がアップします。

③グラデーションを使って立体感のある目元に

アイホール全体に塗る薄い色から、際の締め色にかけてグラデーションになるように塗れば立体的で魅惑的な目元を演出できます。

同系色が2、3色あれば大丈夫。

基本的には薄い色から濃い色の順に塗っていきますが、この順番を逆にしても締め色がクッキリし過ぎずに綺麗なグラデーションになります。

普段単色だけでアイメイクしているという人は是非挑戦してみて下さい。





④アイラインは少しだけ太めに

アイラインを瞼の際に細く引くナチュラルメイクも素敵ですが、描いたラインが瞼に埋もれて全く見えなくなってしまうという一重女子も多いと思います。

ラインが見えなくなってしまっては、せっかく描いた意味がないですよね。

一重の人は、二重の人より少しだけ太めに描くことを心がけてみて。

目頭から目尻にかけて少しずつ太くなるように描くと自然なアイラインになります。

目を開けて、少しラインが見えるような太さに調整しながら描くと失敗せずに描けますよ。

⑤ノーズシャドウで立体感を演出

アイシャドウ以外でも立体感は大切。

がっつりノーズシャドウを入れてしまうと濃いけれど、さりげなく目頭から鼻筋に入れるだけでも立体感がでます。

瞼がぽってりしがちな一重にはこの立体感があるだけで印象が大きく変わりますよ。

でもあくまでもふんわりとナチュラルに塗るのがポイント。

⑥マスカラは根元からしっかり上げて

アイメイクにはクルッとカールしたまつ毛は欠かせませんよね。

しかし一重のまつ毛は毛先が下を向いていて、カールが持続せずに悩む人も。

そんな人は熱を利用してキープ力良いカールを作ってみて下さい。

ホットビューラーでもいいですし、ビューラーで上げてマスカラを塗った後、下方向からドライヤーを当ててみるのも効果的です。

面倒かも知れませんが、火傷に気をつけて丁寧に。

上げたまつ毛が、マスカラを塗った途端カールが落ちるという人は、あえて根元に塗るのを避けて、毛先にダマにならないようにマスカラを塗るとカールの持ちが良くなりますよ。

まとめ

二重じゃなくても、メイク次第であなたにぴったりの素敵な目元になるはずです。

そして、一番のメイクは笑顔でいること。

一重は決してコンプレックスなんかじゃありません。

自信を持って素敵な笑顔で過ごして下さいね。

あなたにオススメの関連記事

→ 一重さんのためのメイクはこれしかない!
→ 必見!化粧で化ける方法を徹底解説!
→ 一重が二重に変わったwついでに人生も変わったwwオススメ!