キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
落としたい相手でメイクを変える

あなたはどのクマ?タイプ別目元のくま対策方法

メイクをするときに、どうしても気になる目元のくま。

疲れている時にでるのが一般的ですが、クリームや化粧品が肌に合わないと目元にくまがでるときも。

ファンデーションではカバーしきれないし、コンシーラーを厚塗りするとよれて汚くなってしまう・・・。

そんな目元のくまは大きく分けて、3種類あります。

①茶くま

②青くま

③黒くま

の3種類です。

くまはタイプによりできる原因も違いますし、対処方法も違います。

これらのくまを、分類ごとに改善する方法を解説します。





目元が茶くま!化粧品やメイクの見直しを


茶くまは、色素沈着によってできてしまうくまです。

色素沈着は様々な原因により発生します。

紫外線によるダメージがもとでできたり、化粧品による刺激が原因のもの。

目をこすることによっても色素沈着はできてしまいます。

茶くまの時は化粧品を美白のものに

この茶くまには、美白化粧品が有効です。

ビタミンC誘導体などをうたっている化粧品を試してみてはいかがでしょうか。

また、刺激を少なくして、正常なターンオーバーが行われるように目元を保護しましょう。

目元の皮膚は薄いので、外部からの刺激の影響がとても出やすいです。

化粧をする時は目元は優しく

お化粧をするときに、チップやパフが目元につよく当たっていないでしょうか?

やさしくメイクをすることで、新しい色素沈着を防ぎ、刺激をできるだけ少なくすることにより正常なターンオーバができる肌に改善していきます。

日々のターンオーバーがきちんと行われていれば、すでにできてしまった色素沈着は、少しずつ薄くなっていきます。

目元が青くまの時はクリームでマッサージ

kream
青くまは、毛細血管が透けて見えることが原因のくまです。

血流が滞ると、出てきてしまうくまです。

改善方法としては、血流を促進することです。

目元が青くまになる血流の悪さの原因とは

血流が悪くなっている原因は様々にあると思います。

寝不足や、冷え、ストレスなど、考えられる原因をまずは取り除いてみましょう。

また、目元を温めるのも効果的です。

例えば、濡れタオルを袋等にいれて、電子レンジで1分ほど温めて、ホットタオルを作り、目元にあてて血流を促進するなど。





目元の血流の改善はマッサージも有効

マッサージも血流を促進するのに効果的です。

クリームなどを使って、摩擦を少なくして、目の周りをゆっくりマッサージして血流を改善させてみましょう。

ただし、やりすぎは目元に過度な刺激を与えてしまい、茶くまの原因になってしまいます。やりすぎには気をつけましょう!

また、目元の血流だけでなく、全身の血流をよくすることが、長期的な予防になります。

日頃運動不足の方は、適度な運動を取り入れるのも良さそうです。

目元が黒くまの場合はエステなどで肌の若返りを

estewaka
黒くまは、影によるくまです。

年齢によるたるみなどにより、目の下の皮膚がへこみ、影になってしまい黒く見えるのです。

目の周りの脂肪が少なく、目の下がへこんでしまう方もいるようです。

目元が黒くまの改善点は

改善するには、ヒアルロン酸を入れるなどの治療が必要になることがあります。

マッサージなどで改善するタイプではないので、頑張りすぎて茶くまも作ってしまう前に、どうしても気になるときは思い切って医療機関に相談してみるのも手です。

目元のくまは生活を見直す指針

以上のように、目元のくまのタイプ別に解説をしました。

黒くまは自分だけで改善をするのは難しいくまですが、茶くま、青くまは、原因が日々の生活の中に隠れているのです。

自分のくまをよく見て、くまのタイプを見極め、自分の生活の中の何が原因になっているかを突き止めてみましょう。

原因をとりのぞく、ちょっとした工夫で、くまは改善していきます。

くまが気になっている方は、今すぐ、くまのタイプを調べてみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの関連記事

→ 【超有効!】シミ対策を考える時に押さえておきたい美容成分まとめ
→ 美容と健康は繋がっている!ダイエットを成功させるために必要なこととは?
→ マスカラで印象が変わるって本当?アイメイクが重要な理由