キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
イイオンナは食事にも気を使う

知らないと怖いかも!悪い食べ合わせしてない?

最近、美容・健康に関心の人の間で「食べ合わせ」が話題です。

実は知られざる食べ合わせの真実とは?

〈スポンサーリンク〉

そもそも「食べ合わせ」とは

tabe
食べ合わせとは「食べ物・栄養成分の組合せ」のことです。

どんなに良い栄養成分も、取合せが悪かったら無意味です。

場合によっては、逆効果の可能性もあります。

食べ合わせは食べ物・飲み物だけでなく、サプリメントや健康食品にも当てはまります。

そこで、食べ合わせの重要性が注目されるようになりました。

悪い食べ合わせには、特に用心を

tabe2
食べ合わせには、良いものと悪いものがあります。

最近、特に注目されているのが「悪い食べ合わせ」です。

例えば、サプリメントです。

複数の種類を同時に摂取した場合、取合せが悪いと逆効果です。

最悪の場合、病気の可能性すらあります。

なので、悪い取合せは避けることが重要です。

このため、悪い取合せが特に警戒されるようになりました。

具体的に悪い食べ合わせって?

tabe3
それでは、悪い食べ合せ・取合せには、どんなものがあるでしょう?

昔からよく聞くものには、例えば「スイカと天ぷら」があります。

これは「お腹を壊す可能性」として有名です。

では、他にはどんなものがあるでしょう?

キュウリの食べ合わせには用心を

tabe4
キュウリには「食べ合せると良くない」とされるものが多いです。

「キュウリとナス」「キュウリとスイカ」「キュウリとコンニャク」等々あります。

キュウリは漢方で「身体を中から冷やす性質の食べ物」とされます。

また、利尿作用もあります。

ナス・スイカ・コンニャクも、身体を中から冷やす性質の食べ物です。

これらを複数、同時に摂取してしまうと、内臓が冷えてしまいます。

その結果、お腹を壊したり、ものすごい寒気におそわれる可能性が高いです。

風邪をひいてしまう可能性もあります。

〈スポンサーリンク〉

身体を冷やしすぎないように用心を

coup
キュウリだけでなく「身体を冷やす性質の食べ物」には注意が必要です。

複数の同時摂取だけでなく、一種類だけでも過剰摂取は危険です。

体内・内臓を冷やしてしまう可能性があります。

漢方では、体内・内臓を冷やすことは「万病の元凶」、あらゆる病気や不調の原因とされています。

特に秋冬、気温が低い時期は余計に危険です。

気をつけて下さい。

意外な食べ合わせの組み合わせ

tabe5
世間には、驚くべき「悪い食合せ」もあります。

中には、むしろ一般的に結構よく見かけるのに、実は悪い食合せもあります。

例えば「ラーメンとご飯」です。

これは、ラーメン屋さんでは「ラーメンライス」、むしろ人気メニューです。

ですが、実は健康に悪いのです。

理由は「炭水化物の摂取過剰摂取、しかもチアミン(ビタミンB1)不足」です。

この結果、炭水化物を代謝しきれず、疲労・倦怠感に陥ってしまいます。

また、むくみ・肥満の原因にもなります。

気をつけて下さい。

化学合成添加物に用心を

tabe6
この他にも、驚くべき「悪い食合せ」があります。

なんと「体内で発ガン性物質が生成されてしまう」というものです。

特に、添加物として亜硝酸という化学成分を使用のものに多いです。

「焼き魚と漬物」「ほうれん草と、茹でていないハム/ベーコン/ソーセージ」「ジャムと、ハム/ベーコン/ソーセージ」等々あります。

こう聞くと、化学合成添加物の怖さがわかりますね。

まとめ

食べ合せ、改めて見ると重要なものとわかります。

これまで栄養成分の美容・健康効果を考える場合、基本的に「どの栄養成分に効果があるか」という視点でした。

ですが、実際の人体への効果には「食べ合せ・取合せ」が重要です。

よく知って、栄養成分を適切に摂取したいですね。

あなたにオススメの関連記事

→ 《ダイエット悩み》痩せない原因を正しく理解していますか?
→ ミュゼで脇の脱毛を考えています!効果はどんな感じですか?
→ ダイエット中の食事はどうすれば?気をつける点まとめ

〈スポンサーリンク〉