キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
まるで魔法!ダイエット専用ご飯

便秘解消の新常識!オリゴ糖の想像以上の効果とは

ダイエット中は肌が荒れたり、便秘気味になってしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。

ある食品会社の調査では、「日頃から運動しているのに痩せない」という女性の約60%が便秘症であると答えています。

ダイエット中の便秘の原因は、食事制限で身体に必要な栄養素が不足して代謝や腸内環境が悪化してしまうことです。

腸内環境が悪化すると、栄養素が吸収できなくなったり、詰まった老廃物が腸の中で腐敗し、その毒素を腸から吸収してしまうこともあります。また免疫力が低下するため風邪を引きやすくなったり、代謝が悪くなるため肌の状態も悪くなります。

腸内環境を改善し便秘を解消すれば免疫力を高めて肌荒れも解消。痩せやすい体質に変わることができます。

その腸内環境の改善に欠かせないものが、オリゴ糖です。





オリゴ糖とは?

bibyou4
オリゴ糖とは母乳から発見された成分で、腸内のビフィズス菌を増やし腸内環境を整える働きのある糖です。

実際に、母乳を飲んでいる乳児には下痢が少なく、下痢になった場合でも回復が早いことが知られています。

オリゴ「糖」という名前から、太ってしまいそうなイメージがありますが、最近の研究でオリゴ糖は便秘の解消やダイエットやアトピーの改善など、実に様々な効果があることがわかってきました。

便秘解消にはオリゴ糖が必須

coup
便秘の解消というと、まず出てくるのが食物繊維です。

しかし、実は食物繊維だけをせっせと取り入れていても、便秘の解消には繋がりません。

食物繊維は確かに腸内を綺麗に掃除する役割を持った便秘解消には欠かせない成分ですが、飽くまでも掃除を行って腸内の環境を整えるだけ。

その次の段階である腸の活動を活発にするという役割は持っていないのです。

そこで登場するのが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌です。

それらの菌は腸の動きを活発にして、排便をスムーズにする役割があります。

しかしビフィズス菌は成人以降は加齢ととともに減少していきます。

また、食事制限によるダイエットを行うと腸内のビフィズス菌の数は更にどんどん減ってしまうので、ビフィズス菌をいかにに増やすかが便秘解消の重要な鍵になってきます。

オリゴ糖は難消化吸収性糖質とも呼ばれ、胃や小腸で消化・吸収されにくく、大腸まで届いてビフィズス菌などの善玉菌の餌となり、善玉菌の繁殖を促進して腸内環境を改善します。

オリゴ糖を補給して腸内の善玉菌を増やすことが、便秘解消の秘訣なのです。

オリゴ糖の持つダイエット効果

sumail
オリゴ糖には便秘解消以外にもダイエット効果があります。

砂糖はカロリーも高く血糖値が急激に上昇することで太りやすくなってしまいますが、オリゴ糖はカロリーが低く血糖値の上昇も緩やかです。

また大腸内で使用されなかったオリゴ糖は、そのまま体外に排出されるので、砂糖のように脂肪に変わってしまうこともありません。

なおかつオリゴ糖には食物繊維のように腸内の不要な物質を排出し、悪玉菌を弱らせて減少させる働きもあるので、腸内環境を様々な角度から整えることができます。

腸内環境が改善されると、消化・吸収・排泄が効率よく行われるようになり代謝も良くなるので、体質が改善され痩せやすい身体になります。





オリゴ糖の含まれる食品と手軽な摂取法

fruit
オリゴ糖はゴボウ・玉ねぎ・にんにく・にんじん、アスパラガスなどの野菜やバナナなどの果物、蜂蜜などに含まれます。

野菜や果物からは食物繊維や他の栄養素も摂取できますし、野菜を中心としたバランスの良い食事は美容と健康の基本です。

また大豆製品全般に含まれており、納豆や豆腐など、日本人に馴染みの深い食品からも取り入れることができます。

例えばバナナと蜂蜜に豆乳か豆腐と少量の水をミキサーにかけたスムージーなら、手軽にオリゴ糖を摂ることができます。

ビフィズス菌を多く含んでいるヨーグルトを混ぜるのも良いでしょう。

最近ではスーパーマーケットなどでもオリゴ糖が販売されているので、それをコーヒーや紅茶に入れたり料理に使用して、食品から摂れる天然のオリゴ糖と組み合わせる方法もあります。

オリゴ糖を取り入れる時の注意点

EME / Pixabay
便秘解消や体質改善に役立つオリゴ糖ですが、摂りすぎるとお腹がゆるくなってしまったり、下痢をしてしまうことがありますので賀状摂取には注意が必要です。

オリゴ糖の種類にもよりますが、概ね2〜5g前後を目安にします。

また、体質や体調により適量でもお腹がゆるくなってしまう場合があります。

手軽にオリゴ糖をとるなら粉末スムージーがおすすめ

su
様々な食品の中に含まれているオリゴ糖ですが、その含有率は多くはありません。

オリゴ糖を多く含むゴボウでも100g中3.6g、バナナには100g中に0.3gしか含まれておらず、オリゴ糖を多く含むと有名な甜菜糖でも、その含有率は5%程度なのです。

これでは、適量と言えるだけのオリゴ糖を摂取するだけでも大変ですよね。

でも、粉末スムージーならそんな苦労も必要ありません。

現在は様々な粉末スムージーが発売されていますが、中には数十種類もの野菜や果物の栄養素が凝縮されているものもあり、オリゴ糖も十分な量を摂取することができます。

作り方も、専用のシェイカーに粉末と水を入れるだけと簡単です。

食品では補いきれないオリゴ糖を上手に補充するなら、粉末スムージーがおすすめです。

あなたにオススメの関連記事

→ 《ダイエット悩み》痩せない原因を正しく理解していますか?
→ ミュゼで脇の脱毛を考えています!効果はどんな感じですか?
→ 2週間で下腹引き締め!デート前に行いたいウエスト痩せダイエット方法10選
→ 980円のサプリがダイエット効果抜群なんだけど興味ある?オススメ!