キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
知っておきたいアノ人の心理

美人の条件をブスの25箇条から紐解く【外見だけじゃない】

美人の条件とは一体何でしょうか?

おブスと美人と言うけれど、その違いは一体なに?その境界線はどんなもの?

自分の顔を鏡で見ながら、憧れのモデルや芸能人を思い浮かべてはそのギャップにため息をつく。そんなことはありませんか?(私はあります!)

美人の条件って何だろう?と色々調べてみると、どうやら「ブスの25箇条」というものが世の中にはあるというのがわかりました。

「ブスの25箇条」とは宝塚歌劇団の舞台裏に貼られてあった張り紙らしく、その内容はかなり辛辣です!

あれれ?でも待って下さい。「ブスの25箇条」は逆の意味で理解すればそのまま「美人の25箇条」に早変わりじゃないですか!

そこで今回の記事では「ブスの25箇条」から美人の条件を考察してみました!外見や骨格の話では残念ながらありませんが、なるほど!と思うところもたくさんあると思いますよ。





この記事をザッとまとめると

ブスの25箇条に学ぶ美人の条件を解明!

1. 笑顔がない→いつでも笑顔

fdka

なんといっても女性の笑顔は最大の武器ですよね!

それ以外にも笑顔は人を安心させたり好意をもたせる効果があります。まずは笑顔えがお!

2. お礼をいわない→きちんとお礼をいう

お礼とは人に感謝を伝えること。心のなかでは思っていても、言わないと相手には絶対に伝わりませんよね。

相手の好意にはキチンと言葉で感謝を伝えてみましょう!

3. おいしいと言わない→美味しかったらおいしいと伝える

美味しいものを食べると気分があがりますよね。それは誰でも同じです。

だからこそ美味しいと思ったら「おいしい」と伝えることで相手と気持ちを共有することができるのです。

ポジティブな感情は相手に伝えたほうが、言われたほうも嬉しいですよね!

4. 精気がない→元気さを出す

精気がない姿を見せると、まわりの人達も何だか気分が下がってしまいます。

明るく元気よくいきましょうね!

5. 自信がない→自信をもつ

最初から諦めずに、自分を信じてトライしてみましょう。

大丈夫、他の人ができてるのであれば、きっとあなたにもできますよ。

6. 愚痴をこぼす→人前で愚痴を言わない

kage

愚痴を言う人には周りの人はよってきません。愚痴を言われたほうはいい気分になりませんよね。

まわりの人を不快にさせてまで、愚痴を吐きたいと思うのはやめましょう!

7. 希望や信念がない→将来を前向きに捉える

何か色々諦めてはいませんか?そういうのは意外と顔にでるものですよ!

自分はどんな人?と聞かれたときに、質問者を暗い気持ちにさせないような答えをもっていますか?

8. いつも周囲が悪いと思っている→まずは自分が変わる

周りのせいにして結論を出すのは簡単です。でもそれじゃ同じことの繰り返しです。

自分が変わらないと、ほかの他人が周囲のせいにした時にアナタは何も言えなくなりますよ!

9. 自分がブスであることを知らない→自己評価は謙虚に

あなたは別にブスではないと思います。でもあなたをブスかどうか判断するのは第三者です。

自分の評価を基準にせずにまわりからの声を傾ける姿勢をもちましょうね。

10. 声が小さくいじけている→声は大きくハキハキと!

喋っている声が小さいとそれだけで印象が悪くなってしまいます。

大きな声でハキハキと喋ることはそれだけで相手に好印象ですよね!

11. 何でもないことにキズつく→精神的にタフになる

pa

あなたの繊細な気持ちわかります。何でもないことについつい傷つきますよね。

でもいちいち傷ついてる姿を見せると、あなたをまるで腫れ物に触るかのような扱いにされてしまいます。

12. 他人に嫉妬する→その人を越えようと目標にする

嫉妬は行き過ぎると他人に損害をかけてしまうくらい恐ろしい感情です。

嫉妬をしないのは難しいかもしれませんが、それをバネにして自己成長ならできますよね!





13. 目が輝いていない→ポジティブ思考に気持ちを変えていく

目が死んでるなんて言われたりしてませんか?つい目を伏せがちになってしまっているのは気持ちが沈んでいる証拠です。

まずは気持ちを切り替えて、ポジティブに考えるようになりましょうね!

14. いつも口がへの字の形をしている→口角をあげる

への字口で写真をとるとどれも微妙なんですよね。まわりからの目からはもっと微妙に見えているかもしれません。

口角をあがった写真はなんとなくいい写真が多くありませんか?雑誌の表紙のモデルさんなんかは怖いくらい口角があがっていますよね!

15. 責任転嫁がうまい→自分の判断をまずは振り返る

誰でも責任はとりたくないもの。できれば人に押し付けたいですよね。でもそれではまわりから信用されることはなくなります。

失敗したらまずは自分の取り組みを振り返りましょう。あの時こうしたほうが良かったかな?と思う気持ちが自己成長につながります。

16. 他人を恨む→失敗は次に活かすようすぐ切り替える

nitubve

何かに巻き込まれて他人を恨んでしまう気持ちになってしまうことがあると思います。

でも恨んでいても何も変わりません。それよりもなぜこうなったのかを考え次に活かした思考のほうがずっと素敵ですよね!

17. 悲観的に物事を考える→解決策も考える

悲観的に考えることは悪いことではありません。もし上手く行かなかったらというシミュレーションを人一倍している証拠だと思います。

でもそれだけではなく、どうすれば上手く行くのか?というのも同時に考えることが重要ですよね。

そしてまわりに伝えるべきことは正にどうすれば上手くいくのか?のほうなのです。

18. 問題意識を持っていない→常に成長の道を模索する

問題意識を持たないのは、今に満足している証拠です。常に改善の余地がないか頭を使うことが大事です!

19. 他人につくさない→まずは自分から与えてみる

もらってばかりで与えようとしない人からは、自然と人が離れていくもの。

愛されたいと思いたい気持ちはわかりますが、まずは人を愛することから始めてみましょう。

20. 他人を信じない→他人との関わりを怖がらない

いきなり他人を信じろというのは、慎重なあなたには難しいのかもしれません。でも自分が露骨に信用されてないと感じたらどう思いますか?

大事なのは信じないことではなく、裏切られたらどうするか対策を考えておくことです。

21. 人生においても仕事においても意欲がない→常に目標をたてる

smal

せっかく生まれた人生なのですからできる限りの範囲で謳歌するべきです。

自分のやりたいことや趣味はありませんか?目標があればいまの状況にもハリがでてくると思いますよ。

22. 謙虚さがなく傲慢である→他人のために一歩引く

自分のことばっかり考えていませんか?世の中はバランスが釣り合うようにできています。

あなたが楽をするということは、他の誰かが苦労をするということ。

人に苦労を押し付けてまで、あなたがいまそこでワガママを言うことに価値はあるのでしょうか?

23. 人のアドバイスや忠告を受け入れない→指摘はありがたいことと思うようにする

自分を否定されるのは、誰でも辛いものですよね。でもアドバイスや忠告をもらうこと自体は悪いことではないのです。

だってどうでもいい相手には、そんなことすら言わないですよね。そう考えるといただけるだけありがたいです!

24. 自分が最も正しいと信じている→正しいかどうかは人や状況で違うものです

自分を信じることは大事ですが、信じている内容が正しいかどうかはまた別の話です。

人の意見にも耳を傾ける柔軟な姿勢をまずは持ちましょう。それが正しいかどうかは聞いてからでも遅くはありません。

25. 存在自体が周囲を暗くする→この人と一緒にいたいと思える女性を目指しましょう

oldcouple

人に求められる存在ってすごい大事なことです。そのためには小さな事からコツコツと信用を得ること。

美人の条件まとめ

宝塚の「ブスの25箇条」から学ぶ美人の条件いかがでしたでしょうか?自分のことよりも周りのことに目を配るのが大事ですよね。

もしかしたら何点か自分でも耳が痛いなと感じる部分があったのかもしれないですね。(私は結構ありました!泣)

外見の骨格や見た目を変えることはそう簡単ではないですが、その人からにじみ出る雰囲気やオーラというのは心構え次第で変えることができます。

すべてを意識することは難しいと思いますので、まずは5個くらいから意識してみてはいかがでしょうか。

(そういえば宝塚の人ってみんなキラキラして自信に満ちあふれているなぁと記事を書き終えてふと思いました。)

〈あなたにオススメの関連記事〉
→ NAVERまとめに学ぶ!人気メイク記事まとめ15選
→ 彼氏欲しい人必見!彼氏ができるまで取り組むべきこと6選
→ 女子の心理「あっ彼氏いらない」って思う理由6選
→ 新しい恋の予感はここでGET♪出会えて当たり前なのがすごいと話題にオススメ!