キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
知っておきたいアノ人の心理

今ドキ女子に贈るタイプ別恋愛小説のススメ

趣味も流行りも、多様化に多様化を重ねるこの時代、女子たちは毎日を生きるのに大忙し!仕事?恋愛?シュミ?それとも全部?

そんな今を生きる多忙女子におくる恋愛小説をタイプ別にお勧めしていきます!

〈スポンサーリンク〉

恋愛も仕事も友達づきあいも!

water
欲張り女子さんにおすすめなのが、こちら。

植物図鑑 有川浩さん

最近、高畑充希さんと岩田剛典さん共演で映画化も決まった話題の小説です。

読みはじめは「女の子版ラピュタ」とでもいうのでしょうか、ある日突然けっこうタイプな男の子が降ってきた(空からは降ってきませんが)!っていう始まり方で、割とベタかも、なんて思ってしまうかも。

でもやはりそこはラブコメの鬼才・有川浩さん。

仕事女子・都会女子の主人公と不思議なシータ系(?)男子のヒーローの、不思議な心の交わりに、あなたも心がふわふわすること間違いなし!

特にお勧めポイントが、主人公の女の子・さやかが、どこにでもいそうなOL女子であること。

それなりに男のことも付き合ってきたし、仕事もきちんと毎日しなきゃいけないし、化粧だって、付き合いだって。

そんな、どこか現実的な彼女がドキドキしたり、切なくなったりするリアリティは、この本でしか味わえないと思います。

植物大好き系男子イツキとさやかの、夢のような現実のような、優しい恋物語に、癒されてください。

仕事が一番!恋愛したいけど、そんな時間なんて…。

yuka4
お仕事系忙し女子さんにおすすめ!

ガール 奥田英朗

こちらも、数年前に、香里奈さん、麻生久美子さん、主演で映画化された小説。

こちらは、お仕事女子のリアルな毎日を描いた奥田英朗さんの小説です。

普通なら、お仕事系忙し女子さんたちにこそ、癒しのある小説を、と思われますが、ここは敢えて、お仕事女子小説をおすすめします。

「カワイイ」が諦められない三十路手前OL、キャリアウーマンとして様々な壁にぶつかるOL、シングルマザー、恋はもうあきらめ気味OLさんなどなど、多種多様なお仕事女子さんが登場します。

今回のこの小説は、目に見えて恋をしているかどうか、は問題ではありません。

実際この小説に登場するOLさんも彼氏や旦那さんがいたりいなかったり…。

けれど、それぞれが、「ガール」として社会で生きていく上でぶつかる壁が、「男性」です。

どうして女性だけがこの壁にぶつかるのか、と悔しくなる気持ち。

自分だけ恋愛ができないこと、結婚、子供を産むこと。

「ガール」としての自分。

女性にとって「男性」という存在は様々な意味を持ちます。

時には理不尽の種になることだってある。

まだまだ理不尽で、女性に壁が多い世の中で生きていくうえで、彼女たちが選んだ人、選ばなかった事。

そんな一瞬に、少しだけ、心を共感させてみてください。

あなたが戦う姿の美しさを、きっと自覚できると思います。

そもそもなんだか少しお疲れ気味?本当に幸せになれる私をさがそう。

eat2
お疲れ系女子におすすめ!

「白川夜船」吉本ばなな

恋愛や何かを常に頑張り続けるのって、実は疲れますよね…。

社会で生きていく上で疲れる要因なんて山ほどあるけど、そこは今回言及しません。

この一冊は、そんな疲れをふわりとあたたかく包みます。

吉本ばななさんの「白川夜船」です。

吉本ばななさんといえば、あの有名なキッチンの作家さんです。

この「白川夜船」という小説は、最近なんだかいつも眠い、いや寝てしまうぞ、という女の子の恋と彼女に起きる不思議なものがたりです。

疲れたとか、悲しいとか、苦しいとか。

気持ちに名前をつけられないことってあると思います。

名前がつけられない、でもしんどい、息苦しい。

原因を取り除きたいのに原因がわからない。

こんなときって、どうしたらいいかわからないですよね。

あとで、あのときは疲れてたな、って気付いたりだとか。

そんな名前のつかない感情を、繊細に、あっさりと、独自の言葉で拾ってくださる作家さんです。

この「白川夜船」の主人公は、序盤からよく眠ります。

とにかく眠ります。

疲れたら寝ろって事ではないのです。

でも、寝てしまう彼女を文字で追いながら、あぁ、こんな気持ちかもしれない、と思える感情があるかもしれません。

貴方の「なんだかしんどい」心模様の名前を、拾い上げて救ってくれる。

そんな一冊になることを祈って。

〈スポンサーリンク〉

現実の恋にはちょっと飽きちゃったかも?

kinsen
本でしか味わえない、スリリングな恋愛を読みたい!

そんなあなたには

盲目的な恋と友情 辻村深月

青春ミステリの名手として外せない辻村深月さん。

特に彼女のミステリの罠は深く時に残酷に、読者を裏切ります。

彼女の描く女性たちのリアルな人物描写はきっとあなたをドキリとさせるはず。

二人の女友達と、彼女に関わる男性たちの物語です。

男性も女性も、欠点や美しさ、エゴが詰まったとても「人間らしい」キャラクターです。

彼女たちが引き起こしていく騒動はとても現実的とは思えないのに、その生々しい「人間らしさ」により、より一層の臨場感を与える。

もし、自慢の友達に、最低な男が寄りついてしまったら?さえない自分、なぜだかわからない負い目、コンプレックス。

彼女たちが確立していく物語の結末に、身震いすること間違いありません!

小説の中でならちょっと危ない世界もみてみたい!

bed
好奇心旺盛なあなたにおくる、めくるめく官能の世界。

「花宵道中」 宮木あや子

江戸時代、お江戸吉原の郭の中で生きた女性たちの生きざまを生々しくも美しく描き切った「女による女のためのR-18文学賞」受賞作品です。

最近は京都でも花魁体験ができたり、成人式に花魁の装いで参加する新成人がいたりと、以前より想像しやすい世界になりました。

テレビ番組でも江戸時代の女の園・大奥が取り上げられたりと、あの時代の独特の世界もメディアで扱われる事が多いですね。

この花宵道中では、美しく咲き、そして儚く散った女中たちの生き様やその悲恋が描かれます。

遊女たちは「女」として背負った悲運をその身に、男たちを相手に生活をしていきます。

手練手管、という郭言葉にもあるように、男を信じることなく、ただ生活のために身を重ねる。

その描写は彼女たちの生の切なさにより艶やかさを重ねます。

叶わない恋、けがれた自分。貶められれば貶められるほど、乾きが増す愛への渇望がより彼女たちを美しく咲かせる。

縛られた世に生きた彼女たちから迸る美しさは必見。

まとめ

いかがでしたか?

やっぱり女子にとって恋愛ってすごく大切なもの。

今は一口に恋愛小説といっても様々なシチュエーションの切り口があり、きっとあなたを満足させてくれるものがあります。

本屋さんにいってあなたが気になる小説を探してみるのもオススメです。

ぜひあなたの気になる恋愛小説を探してみてくださいね。

あなたにオススメの関連記事

→ 新しい恋の予感はここでGET♪出会えて当たり前なのがすごいと話題にオススメ!
→ ミュゼで脇の脱毛を考えています!効果はどんな感じですか?
→ あなたと彼の相性は!?当たりすぎる占いがすごいと話題にオススメ!

〈スポンサーリンク〉