キラ女子Labo
モテる女子の生態を探る
スキンケア・ダイエット情報メディア
私のカラダを一流にするbodyケア

自分の肌は自分で守る!しっかり保湿でボディケア!

あなたはきちんとボディケアの保湿に気を使ってますか?

ボディケアの方法、いろいろあります。ひとくちにボディケアと言っても、身体のどこをケアしていくかで、それぞれ違います。

人によって、弱いところもそれぞれ。今回の記事では「保湿」ケアに特化して、その方法をご紹介していきます。

保湿ボディケアはどうしてしなければならないの?

beauty
まず人間の肌には水分が絶対に必要です。さらに肌に適切に水分が満たされている状態だと、ぷるんとした肌に潤いのある状態になります。まさに理想的な肌の状態ですよね。

しかし、冬になってきて空気が乾燥してきたりすると、皮膚の表面、つまり角質層の水分が減ってきてしまうのです。

この、減ってしまった水分を補うこと、また、水分が減っていくのを防ぐことが必要です。

あるいは皮膚の通常の状態を保つようにもしたいものです。

これが大事なボディケアのひとつ・保湿ケアをしなければならない理由です。

保湿に大事な肌の水分について

water
もう少し具体的に説明しましょう。通常、皮膚の表面、角質層に含まれている水分は20~30%です。

周囲の環境も良好の場合は、この水分が肌本来の力だけで保たれています。しかし、いつも環境が良好とは限らず、「乾燥」という大敵に襲われることもあります。

健康な肌は、角質層の中で水分と油分がきれいに層になってお互いにくっつき合っています。

この構造が水分が蒸発するのを防いでくれている訳です。同時に外からの刺激物が入り込んでくるのも防いでいます。

保湿は肌への水分補給

breakfast
動物もボディケアをしていない訳ではないようです。しかし、こと保湿に関してはする必要がありません。

動物の肌は毛皮に覆われているので、肌にある水分が蒸発してしまうことがないからです。

これに対して、人間の肌を守っているのは表皮一枚だけなので、どうしても水分が逃げていき易いのです。

肌の水分が減ると表面がカサカサになってかゆみが出たりします。もっと進むと粉がふいたり切れて血が出たりすることもあります。

極度の乾燥がアトピー性皮膚炎を引き起こすこともあります。こうならないように水分補給をしてあげないと、どんどん角質層が壊れてしまうのです。

身体にある水分を守る、取り入れるということも大事なボディケア、この水分補給こそが保湿ケアの目的なのです。

角質層の中の構造について

cafe
ボディケアの中でも肌の保湿が重要なのはご理解いただけたかと思います。

しかし、水分がなくなれば水分補給してあげればいい、という単純なものではありません。

角質層の中で水分と油分が合体していると言いましたが、この油分は「セラミド」と言われるものです。

テレビCMなどで耳にしたことがある人も多いかもしれませんね。このセラミドも補給しないと、角質層の水分と油分のバランスがうまく保てないということになるのです。

良い保湿剤とコーティング剤で最強保湿対策

oil
そこで、どのような保湿剤を選んだらよいかを知っておかなければなりませんよね。

水分が逃げていかないように頑張っているセラミド。このセラミドが入っている保湿剤が使うことが、効果的だと言われています。

クリームなどを選ぶ際には成分表を見てセラミドが入っているかチェックしてみましょう。また、ワセリンは、肌を外気に含まれる刺激物から守ってくれる効果が期待できます。

ワセリンは言わば皮膚のコーティング剤なので、こちらも併用すればバッチリです。

ワセリンを選ぶ際は、なるべく純度の高い物を選びましょう。純度が高いほど透明感があるので、ひとつの基準になるかと思います。

保湿ケアはいつするのがいいの?

taol
保湿ケアのしかたですが、より良い保湿剤を使うことばかり気にしてしまいがちですよね。

しかし、実はどんな保湿剤を使うかより「回数」が重要なのです。一日の中でも、特に肌が乾燥しやすい時があります。

入浴後で身体が温まり肌全体が濡れている時などは最も乾燥しやすい時と言えます。その他、洗い物など水仕事をした直後なども乾燥しやすいです。

他にも、外から帰って手を洗った時など、肌が水に濡れると角質層にある水分は逃げていきやすいのです。「水を使ったら保湿」と覚えておくと、保湿のタイミングを逃さないで済むので、オススメです。

もしかすると、ボディケアの中でも、一日に何度もするケア、というのは保湿だけかもしれませんね。

保湿の必要性を理解して、しっかりボディケア!

millor
いかがでしたか?

正しい保湿ケアの方法、覚えていただけたでしょうか?単に保湿と言っても、間違った方法ではきれいな肌を保つことはできません。

そればかりか肌の状態をかえって悪化させてしまうことにもなりかねません。ボディケアの中でも、保湿は比較的意識の向きやすいものと言えるので、実行しやすいですよね。

ぜひ、興味を持って対策をしっかりやってほしいと思います。柔らかく潤いのある肌は魅力的です。

周囲からも「肌、キレイだね」と言われると嬉しいものですし、何より自分自身が前向きになれますよ!

自分の体に関心を持ち、ボディケアをしっかりして、自分の身体を守ってあげてくださいね。

 

まとめ

・皮膚の表面は水分と油分が層になっている、
・空気の乾燥により皮膚の表面の水分が減ってしまう
・水分が足りないとカサカサやひび割れ、出血をしたりする
・セラミドとワセリンが入った保湿剤がオススメ
・肌が水に触れると皮膚の水分が逃げてしまう